グルメ

ヴィーガンカフェ&バー「Karons」の「玄米甘酒スムージー」は夏のクールビューティードリンク

2016.08.22

rd850_Smoothie

話題の美容健康ドリンク、玄米甘酒とスムージーの最強合わせ技

近年、日本の伝統食品である米麹甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」とも称され、その美容健康効果が再注目されています。甘酒は、お正月の温かい飲み物というイメージが強いのですが、実は夏の季語。古来、滋養強壮に優れた夏の暑気払いの飲み物として親しまれていたのです。江戸時代には天秤棒を担いで売り歩く甘酒屋は、夏の風物詩であったとか。

一方、スムージーは、海外セレブ達が愛飲している事で話題になり、ダイエットや美肌に良いと、日本でも人気が高まり定着して来ている飲み物です。

その両者のいいとこ取り、日本ならではの柔軟な発想によるミクスチャーが実現。美と健康に良い上、美味しさまでを合わせ持った、オリジナルな夏の最強ドリンク「玄米甘酒スムージー」が登場しました。

rd850_gaikenn
東急東横線、学芸大学駅にあるヴィーガンカフェ&バー「Karons」では、玄米を炊くところから始め、米麹を加え発酵させてと、1.5~2日間かけて丁寧に自家製玄米甘酒を作ります。店主の野崎かの子さんは栄養士でもあるので、甘酒にも玄米を使用することにこだわります。精製白米が失った、ビタミン、ミネラル、そして日本人に不足している食物繊維を豊富に有する玄米で作る甘酒は、全ての効果が一段も二段もアップすると言います。

次ページ《ノンアルコールなので、子供や妊婦さんでも安心して飲める。》

Area