昔ながらの旨い和がらし「麩市の地がらし」

2015.10.20

fu-1

からし種本来の風味や香りを逃さない、独自の秘伝製法

おでんや豚の角煮には欠かせない和からし。なかでも「麩市の地がらし」は、辛みがピリリと鼻孔を抜けて、ほのかな苦みと香ばしい風味がぐっと料理を引き立ててくれます。

その秘密は、からし種をすり鉢・すりこぎ棒で製粉した昔ながらの味わいを再現する独自の製法にあります。現代では機械で作る都合上、からし種に含まれる40%近い油分を取り除いてから製粉するのが一般的になっていますが、この和がらしはからし種が脱脂されず、そのまま丸ごと粗挽きされています。

fu-1ー1

fu-1ー2

こだわりの国産からし種に、絶妙な丸みもプラス

「麩市の地がらし」が目指すのは、100年、200年前の人たちが口にしていた風味豊かな和がらしを再現することなのです。昔は当たり前だった本来の味わいが、現代では貴重なものになってしまっているんですね。

原料も、江戸時代から伝わる地元福井産のからし種にこだわって作られています。ただし、100%では少し苦みが強いので、現代人の味覚に合わせてマイルドなカナダ産のからし種も少しだけプラス。そうして絶妙に調整されているのも心憎いところです。

fu-1ー3

現代のシェフも一目を置く、日本古来の奥深い辛み

一般的には水で練って作る和がらしですが、「麩市の地がらし」は一度煮沸した熱湯で練ります。練った後、さらに1時間ほど寝かせることで辛みや風味がアップするのも特徴的。水で練ればすぐに辛くなる一般的な和がらしより多少時間はかかるものの、口にすればそれ以上の感動が待っています。

和がらしならではの深みとシャープな辛みが際立つ「麩市の地がらし」は、有名ホテルやレストランのシェフにも一目置かれる存在です。本物だからこそ、応用が効く。ローストビーフに添えてもまた、新たな発見がありそうです。

 

麩市の地がらし

40g 226円(税16円)

750g 2509円(税185円)

原材料名:からし種(福井県産80%以上)

賞味期限:6ヶ月

http://fu-1.jp/?pid=12166939

■ホームページ

http://fu-1.com/jigarashi.html

■問い合わせ先

電話 0776-35-0454

受付時間 平日9:00~17:00 日祝定休(お盆・年末年始)