「きょうと いちえ」に単衣の着物でお出かけ。:「メイドインジャパン見つけた」 vol.34 渡辺ゆり子

2016.09.25

rd640_IMG_2111
今年は残暑厳しい夏でした。9月9日に伺った「第3回きょうと いちえ」のイベント。

1923年に呉服卸商として創業したTAKAMI BRIDAL代表 高見重光氏の総合プロデユースによるこの催しは、日本人としてのアイデンティティを参加した誰もが思い直し、日本に生まれた事のプライドを再確認するようになってしまうという高見氏のジャパンマジック。

rd480_IMG_2116rd480_IMG_2115
場所は、天台宗、青蓮院門跡、将軍塚青龍殿です。山科区の山の上、展望台のように京都市内を一望出来る場所。吉岡徳仁氏によるガラスの茶室が置かれていることでも有名です。清水寺の4、6倍の広さの代舞台で鈴木慶江さん、川越塔子さん、辰巳真理恵さんの歌声を気持ちよく聞きながらアペリティフ。

このあと、青龍殿内に移動して、立川直樹氏プロデユースによる素晴らしい夢の時間が始まるのですが、残念ながら写真撮影禁止なので、是非、こちらのサイトをご覧下さい。動画もあります。コシノジュンコ氏によるクールな衣装のTAO5のかっこ良すぎる演奏、まさかの片岡愛之助氏の連獅子との感動コラボ、近藤等則氏のドラマチックなトランペットと、まさしくメイドインジャパン極めつけの一幕でした。

 

次ページへ