お粥に合う塩 :ソルトコーディネーター 青山志穂

2017.01.06

rd850_Sio35-01

七草粥とは

年末年始のおいしいご飯とお酒で、胃がお疲れの人も多いのではないでしょうか?そんなお疲れの胃を癒してくれるのが、「七草粥」です。

「七草粥」は江戸時代に広まった習慣で、毎年1月7日に、無病息災や豊年を祈願して食されます。地域によって入れる草の種類は異なるようですが、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン)が一般的。この時期にいち早く芽吹く七草を食べることで、力強い植物の生命を体内に取り入れ、邪気を払うとされています。それと同時に、これらは和のハーブでもあり、疲れた胃腸にも優しい上、保存食なので濃い味に仕上げられたお節とは対照的なあっさりとしたシンプルな味わいで、舌をリフレッシュさせてくれる効果もあります。

シンプルな味わいで食べるということは、味付けは「塩」がメイン。そこで今回は、お粥に合う塩をご紹介します。

rd850_Sio35-02
神葉で作られた京都の藻塩

踏みしめると「きゅうきゅう」と音がする「泣き砂」で有名な京都・丹後半島の琴引浜の海水と、そこで収穫される神葉(じんば)を使った藻塩です。神葉とはホンダワラの若葉のことで、一部の地域ではお正月飾りにも使用される縁起物です。

通常ホンダワラを入れた藻塩は茶色く色付くのですが、この「琴引の塩 藻塩」は、独自の製法を採用することで、きれいな緑色を保っています。七草粥にぱらりとかけることで、ほんのりとした苦味が七草の苦味にマッチするとともに、あっさりとした上品なうまみを加えてくれます。

 

次ページ《旧正月にしか生産されない神の島の塩》