グルメ

「お米が主役」 vol.61

「AGT(あじと)」の自然栽培米:お米キュレーター 柏木智帆

2017.01.17

rd1700_(1)IMG_8890

農薬や肥料に頼らずにつくられた北海道のお米

住宅街に佇む白色を基調とした二階建ての一軒家「AGT」。1階では北海道産を中心とした自然栽培米を販売する米店「米米(ルビ:ベイベイ)」、2階では玄米を中心とした食事を提供するカフェレストラン「日びの」を営んでいます。

自然栽培米とは、農薬も肥料も使わずに育てられたお米のこと。植物と土の本来の力を引き出す農法でつくられています。

rd1700_image1
写真(上)/「米米」の店内

「米米」で取引している自然栽培米生産者は、北海道内を中心に現在8軒。
新十津川町産の「ななつぼし」は「新十つぼし」、当別町でつくられた「ゆめぴりか」は「とうべつピリカ」、曽我井さんという農家さんが生産する品種「ふっくりんこ」は「曽っくりんこ」など、ユニークな名前を付けて販売。他にも、在来種のお米やオリジナルのブレンド雑穀なども扱っています。

都内の自然食品店でも自然栽培のお米にはなかなか出会えない中、自然栽培米に特化した希少なお店です。

 

次ページ《玄米が苦手でも食べやすいメニューも》

KEY WORD

Area