立ち飲み屋=大衆的なんてもう古い! 自分へのご褒美に、高級立ち飲み店 3選

2017.02.13

img01

「立ち飲み屋」と聞くと、オジサンたちがビールや日本酒片手に簡単なおつまみを食べているなんて大衆的な想像を膨らませてしまいがちですが、最近の立ち飲み屋のなかには高級店にもひけをとらない、クオリティ重視のお店も出現しています。

簡単に立ち寄れるほどリーズナブルな価格ではないけど、いつも頑張っている自分へのご褒美として利用してみるのも良いかも。手始めにこれから紹介するお店に来店してみてはいかが?

画像出典:eiji ienaga / 立ち飲み (from Flickr, CC BY 2.0)

img02画像出典:Japanexperterna.se / Kaiseki (from Flickr, CC BY 2.0)

それでは、オススメの高級立ち飲み店3選をご紹介します!

◆リピーター続出の立ち飲み店「かねます」

まず最初に紹介するのは、東京都中央区勝どきにある「かねます」。高級食材を駆使した割烹料理をリーズナブルな価格で楽しめる魅力で、高級立ち飲み屋といえば一番にこの店の名前を挙げる人も多いほどの人気ぶり。お店の外観や内装はいたって普通なので高級そうには見えませんが、提供される料理は贅沢そのもので、和牛やアワビ、カニなどの豪華な食材が数多く使用されています。

中でも人気なのが「生うに牛巻き」。名前の通り、生のうにを和牛で巻いたというシンプルなメニューながら、「うますぎで箸が止まらないとはこのことか」「牛肉とウニが合わさったら最強」と多くの人が注文する看板メニューです。築地が近いという立地のおかげもあってか、お刺身などの魚介類を生かしたメニューも豊富。人気店のため満席のことが多いので、絶対に食べたいという人は開店前から並んでおくことをオススメします。

■お問い合わせ
かねます
住所:東京都中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワー 1F
TEL:03-3531-8611
営業時間:16:00~20:00(土は13:30~)
定休日:水曜・日曜・祝日

◆日本の伝統料理・天ぷらが楽しめる「喜久や」

天ぷらといえば、自宅で作ったり、お惣菜で販売されていたりと庶民の生活でかなり親しまれている料理ですが、専門店となると話は別。日本の伝統料理である天ぷらは実は調理が難しく、回らないお寿司屋さんと同じぐらい高級な天ぷら専門店も多いのです。

そんな高級料理としての天ぷらを専門にしているのが、立ち飲み屋の「喜久や」。注文を受けてから調理に移るので、揚げたての天ぷらの美味しさを楽しむことができます。メニューは「えび」や「きす」などの定番をはじめ、「辛子めんたい」や「うに」などの変わりダネ食材も豊富。お酒もビールや日本酒に加えて酎ハイやワインなども豊富に取り揃えられているので、食事としてではなくおつまみ感覚で天ぷらを注文するなんて贅沢な利用の仕方も有りですよ。

■お問い合わせ
喜久や 恵比寿店 (kikuya)
住所:東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル 1F
TEL:03-5422-9077
営業時間:16:00~24:00(月) 16:00~翌2:00(火~土) 16:00~23:00(日・祝)
定休日:年末年始

◆焼肉も立ち食いで! 高級お肉が1枚から食べられる「治郎丸」

ここぞという時に食べたくなるのが焼き肉。みんなでワイワイしながら食べるのも良いけど、自分の食べたいものだけをひたすらに焼く“ひとり焼き肉”をする人も増えています。しかし、なかには「ひとりで焼肉食べたいけど、お店に入りづらい」「1人前ですら多くて注文するのに躊躇する」などの悩みを抱えている人も。

そんな人にオススメなのが、立ち食い焼き肉店「治郎丸」。同店はお肉が1枚から注文できるシステムになっており、最高級A5ランクのお肉でも数百円から食べられるというお安さ。立ち飲み店なのでひとりで来店する人も多いので、まわりが気にならないのも魅力的ですね。

■お問い合わせ
治郎丸 (ジロウマル)
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-26-3 かぶきビル 1F
TEL:03-6380-3292
営業時間:11:00~翌5:00
定休日:無休

 

《関連記事はこちら》

エンタメ的おもしろさも!話題の「町中華」の魅力とは?

定番お菓子のリッチバージョンにハズレなし? ちょっとした贅沢気分を味わうなら

 

関連キーワード

Area