10月1日(日)は「日本酒の日」 酒蔵を巡る大人のスタンプラリー「近江の地酒版 パ酒ポート」が発売開始

2017.09.22

main
「日本酒の日」である10月1日(日)より滋賀県内の酒蔵を巡るスタンプラリー「近江の地酒版 パ酒(しゅ)ポート」が発売されます。地酒を軸に、人々の交流を生み出し、地域の活性化を図ることを目的にうまれた「パ酒ポート」。「地酒」、「地域の食」、「ツーリズム」をコラボレートさせた大人のためのスタンプラリーです。2012年に北海道で「道産酒」の酒造所を巡るスタンプラリーとしてスタートし、全国各地で展開しています。

Print

sub2

購入者はパ酒ポートに参画している滋賀県内の各酒蔵や連携施設で提示することで、粗品のプレゼントや商品の割引など、さまざまな特典を受けることができます。また、酒蔵を巡り、スタンプを集めると抽選で豪華賞品がもらえるほか、サポート企業(ガソリンスタンド、飲食店)などから割引やサービスを受けることも。「パ酒ポート」には近江の地酒や32の酒蔵をわかりやすく紹介した記事も掲載されており、地酒の本としても楽しめます。

 滋賀県では、同日の10月1日(日)から来年3月31日(土)まで「日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博」が開催されるほか、約10,000人が、滋賀の地酒で同時に乾杯するイベントも開催されます。

 この機会に「パ酒ポート」を持って、滋賀を漫遊してみてはいかがでしょうか。

 

「近江の地酒版 パ酒ポート」
発売日:2017年10月1日(日)
価格:500円(税込)
販売冊数:5,000冊
有効期間:2017年10月1日(日)~2018年3月31日(土)
内容:滋賀県内の各酒蔵を巡る大人のスタンプラリーブック。参画施設では各種特典が受けられます。酒蔵を巡りスタンプを集めると抽選で豪華賞品がもらえるほか、サポート企業からの特典が。
販売場所:滋賀県内のパ酒ポートスタンプラリー参加酒造所、滋賀県内JTB西日本・JTB関西の7店舗、滋賀県内平和堂各店のサービスセンター又はサービスカウンター(一部店舗除く)、Amazon、滋賀県内一部書店(順次販売開始予定)http://pashuport.com/
(2017年10月1日にバナー掲載予定)

 

<関連イベント>

 「日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博」
2017年10月から6か月間、日本遺産を核として開催される観光キャンペーン。滋賀県内各地の文化を体感できる「まち歩き」や「体験」など約70のプログラムや、神社・寺院等の特別公開など、多彩な催しが展開されます。
https://nijitabi.biwako-visitors.jp/

「滋賀地酒10,000人乾杯プロジェクト」
開催日時:2017年10月1日(日)19:30
開催場所:琵琶湖ホテルをはじめ、滋賀県内の飲食店約200店舗
内容:約10,000人が、滋賀の地酒で同時に乾杯するイベント。参加飲食店では、当日その場でしか飲めない限定の地酒などで乾杯ができます。

 

■お問合せ先:JTB西日本 大津支店 077-522-4103(9:30~17:30土日祝休)

注目キーワード