滋賀県の33蔵の地酒が飲める! 滋賀の魅力が詰まった地酒バー「SHIGA’S BAR」オープン

2017.10.19

main
滋賀県内の33蔵のお酒がいつでも飲めて買える地酒バー、「SHIGA’s BAR」が2017年10月29日(日)東京・日本橋にオープンします。
同日オープンする滋賀県の魅力を発信する「ここ滋賀」の1階に位置するこの「SHIGA’s BAR」の名称は、滋賀県酒造組合が30年以上前に発行していた、滋賀県の当時の全蔵の情報を掲載した冊子「湖国からはじまる新・地酒宣言 SHIGA’s BAR」に由来しています。

豊かな琵琶湖を有する滋賀県は、東の伊吹山地、鈴鹿山地、西の比良山地、比叡山地に囲まれ、この山々を源とする名水と、豊かな水や肥沃な土壌に育まれた米を有する、まさに酒造りに最適の地と言われています。水系により水の味わいにもそれぞれ特徴があり、各蔵元は決して大きくはないながらも、独自性を追求したお酒造りをしているのが特徴です。

「SHIGA’s BAR」では季節ごとに各蔵元がおすすめする銘柄が並びます。なんと朝10時からお酒を楽しむことができ、昼は滋賀県産のおむすびと合わせて、夜は好みの地酒に合わせたおつまみや、店内で販売している食品をその場で自由にいただける角打ちスタイルに様変わり。一緒に行く相手やシーンに応じて、様々な使い方ができるという点も魅力です。

琵琶湖の恵みの湖魚食文化をはじめとする食文化とともに発展し、受け継がれてきた、小さいながらもキラリと光る滋賀の地酒。豊かな自然と伝統に育まれた滋賀の地酒の魅力を、ここ「SHIGA’s BAR」では存分に堪能できます。
「ここ滋賀」開店初日の10月29日(日)には、滋賀県酒造組合加盟の各蔵元の地酒がふるまわれます。琵琶湖のお膝元、滋賀に受け継がれてきた地酒を東京・日本橋で、ぜひ味わい・酔いしれてみては。

SHIGA’s BAR(しがずばー)
東京都中央区日本橋2-7-1(ここ滋賀 1階)
営業時間: 10:00〜23:00 (オープン日10月29日は11:00〜)
※同フロアで販売している地酒や食品の購入が可能な時間は10:00〜20:00となります
定休日: なし

ここ滋賀公式 http://cocoshiga.jp/

注目キーワード