東京土産の定番「東京カンパネラ」を五感で体感できるショップがオープン

2017.11.11

sub3 sub2

今年10周年を迎える東京土産の定番「東京カンパネラ」。節目となる年に、初の路面店となる『東京カンパネラ 銀座本店』がオープンしました。店舗では、『東京カンパネラ 銀座本店』限定商品も発売されます。

東京カンパネラのブルーを基調にした内装は、「物質ではなく、そこにある空気をデザインしたい」をコンセプトにする橋本 夕紀夫(はしもと ゆきお)氏が空間デザインを、そして多彩なテクノロジーと美の表現で「光」「空間」「人」「インタラクション」を融合させるLUCENT(ルーセント)代表の松尾 高弘(まつお たかひろ)氏が空間アートを手掛ました。フランツ・リストの名曲「ラ・カンパネラ」にインスピレーションを受けて創作された店内は、光・映像・音につつまれて、五感でブランドの世界観を感じられるものになっています。ブランドをイメージしたインスタレーション作品「Airy Chord(エアリーコード)」が柔らかな光で店内を彩ります。

_L5A0207
銀座店で是非とも手にしたいのが限定商品“Ginza Special Edition”。ブランドシグネチャーでもある、うす型ラングドシャを特製チョコレートのピラー(柱)で3層に組み上げた「ショコラ」が特別ボックスに入って発売されます。3種のフレーバー(ショコラ・ホワイト・抹茶)を好きに組み合わせることができます。

sub1
Ginza Special Edition 
18個入:¥3,400、30個入:¥6,000、42個入:¥9,000、60個入:¥11,200(3種各同数の場合)

その他取り扱い商品
東京カンパネラ ショコラ 
5個入:¥650、10個入:¥1,200、14個入:¥1,680。20個入:¥2,400、30個入:¥3,600 
全て税込価格
※オープン以降も続々と新商品や限定商品が発売される予定。

美しいブルーとライティングがとても魅力的な『東京カンパネラ 銀座本店』で東京土産を選んでみてはいかがでしょうか。

 

『東京カンパネラ 銀座本店』
場所:東京都中央区銀座5-8-17 ギンザプラザ58ビル1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始
そのほか店舗:東京駅構内・羽田空港内・大丸東京百貨店内、オンラインショップ(https://shop.tokyo-campanella.com/)他
http://tokyo-campanella.com

 

≪アーティストプロフィール≫

橋本 夕紀夫(はしもと ゆきお)
スーパーポテトを経て1996年独立、橋本夕紀夫デザインスタジオを設立。主な物件に「過門香」「BEAMS HOUSE」「ザ・ペニンシュラ東京」「相田みつを美術館」「インターコンチネンタル大阪」などがある。「物質ではなく、そこにある空気をデザインしたい」をコンセプトにした空間デザインを生み出している。

松尾 高弘(まつお たかひろ)
映像、照明、テクノロジー、インタラクションと、美的表現を融合させる光のインスタレーションを手がける。自ら制作する映像やライティング、プログラミングなど、多彩な表現と技術によりアートワークを一貫して構築。自然界の現象と法則性、イマジネーションによる繊細な光の表現と、直感的な参加性によるエモーショナルな作品群によって、世界各国のアート展、パブリックスペースのインスタレーションや、商空間のインタラクティブアート、ラグジュアリーブランドのためのアートワークなどを展開。