ミシュラン3つ星 『京懐石 吉泉』 がザ・リッツ・カールトン京都にて期間限定オープン

2017.11.19

main (2)

風光明媚な立地を誇る、ザ・リッツ・カールトン京都の「日本料理 水暉」にて、期間限定で『京懐石 吉泉』の料理がふるまわれます。期間は2018年2月1日(木)から3月15日(木)まで、現在予約受付中です。

1994年に世界遺産に認定された下鴨神社を背にして佇む『京懐石 吉泉』は、ミシュラン京都・大阪より3つ星を5年連続で獲得し続ける、1983年創業の京懐石料理店です。亭主の谷河 吉巳氏は、15歳で京料理の修行をはじめ、数々の仕事場を経験するなかで50人の師と出会い、茶道、華道、香道、書、詩歌と、食だけにとどまらない多彩な美的感覚を養ってきました。26歳で嵯峨嵐山の料亭にて料理長に就任。1983年に『吉泉』を開業し、2年後に現在の糺ノ森に店を移して京懐石料理提供へのたゆまぬ努力を続けています。

京懐石は日本料理の一種で、茶会の際に会の主催者である亭主が来客をもてなす料理を指し、茶の湯とともに発展してきたという歴史があります。京懐石の献立のストーリーやリズムを重視し、『吉泉』では、まずは亭主のおもてなしとお礼の気持ちを表した「酒一献」と「先附」が提供され、食事が続きます。季節を感じる具材とだしのきいたお椀、「向附」はお造りのことで、漢方の役割も果たす季節の添え物とともに食します。5品目は中皿でお寿司や蒸し物で一息つくところで、続く6品目は山海の幸を詰め込んだ「八寸」、7品目の「煮物」、8品目の「焼物」は一連の献立の主役が並びます。その後は「御飯」と「漬物」、最後は「果物」「菓子」「薄茶」で締めくくります。いずれも四季折々の季節の移ろいを表現することはもちろん、甘い・辛い・苦いといった五味、見た目の美しさ・香り・歯触り・感触などの五感をバランスよく取り入れるよう工夫が凝らされているといいます。そして、この京料理がお客様の心を満たし、人生の活力となるようにという願いが込められています。

リッツ・カールトン京都2
会席 水暉

京都の織りなす美しい冬の期間、ザ・リッツ・カールトン京都で『吉泉』の美しく、日本のご馳走精神を追求した料理を堪能してみては。

 

ザ・リッツ・カールトン京都での『吉泉』期間限定オープン

場所:ザ・リッツ・カールトン京都 地下1階 日本料理 水暉
提供期間:2018年2月1日(木)から3月15日(木)まで
※鮨、天麩羅、鉄板 水暉は通常営業
提供時間:ランチ 12:00~14:30 、ディナー 18:00~22:00
料金:昼 11,000円~、夜 18,000円~(税・サービス料13%別途)
問い合わせ先:075-746-5522(ザ・リッツ・カールトン京都 レストラン予約直通) 9:00~18:00
http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/