昔ながらの国産へしこさばを使用した「酒あらい」

2015.12.06

SONY DSC
古くから保存食として愛される「へしこ」とは

お酒好きの方にはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。創業1804年の酒肴珍味の老舗「天たつ」が手がける「お刺身へしこ酒あらい」です。

へしことは、鯖街道(現在の福井県と京都を結ぶ物流ルート)に昔から伝わる鯖と糠(ぬか)で作られているお魚のお漬物のことです。昔ながらの保存食として、今でも愛好者の多い「へしこさば」は、脂ののった鯖を、塩と米ぬかに漬け込んでつくられる魚のぬか漬けで、重石を乗せて「圧し込む(へしこむ)」ことから「へしこ」と呼ばれているそうです。

SONY DSC
福井県の地酒の酒粕を使った独自製法

「お刺身へしこ酒あらい」は、この昔ながらの製法の国内産へしこさばを、福井県の地酒の酒粕に漬け込んで塩を抜き、さらに酒で洗い流して丁寧に仕上げられたものです。この「お刺身へしこ酒あらい」は若い方や福井県外の方でも食べやすいようにと、2年かがりで「天たつ」が独自の製法を考案し、2008年に新商品として登場。へしこ独特の塩辛さを抑えながらも、鯖と糠の甘みを際立たせられ、新しい食感とまろやかな味わいに仕上がりました。

SONY DSC
美味しい召し上がり方はさまざま

そのまま肴としても、日本酒との相性は抜群。また、あたたかいご飯と合わせても美味しく、焼かずに召上がれます。

「天たつ」がオススメするのは、大根のスライス(水でさらしたもの)と「お刺身へしこ酒あらい」を薄切りした切り身を重ねていただく食べ方。他にも、香ばしく焼いてもよし、生野菜とお好みのバージンオリーブオイルでサラダにしてもよし、お茶漬けにしても美味しいです。くせになる美味しさをぜひ堪能してください。

SONY DSCSONY DSC

 

へしこ酒あらい半身
価格:1000円(税抜)

■お問合せ
天たつ
住所:福井県福井市順化2-7-17
電話:0776-22-1679
http://www.tentatu.com

Area