ライフスタイル

ハレの日に使いたい、水引の箸置き

2016.01.01

rd850_EPL60688
お祝いの席を演出する、さりげないおもてなしの心

親族の集まりや友人との新年会など、何かとおもてなしの機会も多いお正月。門松や鏡餅以外にも、さりげなくおめでたい気分を演出できるアイテムをご紹介します。

たとえば、おせち料理に添えてお客様にお出しする取り皿や箸置き。もちろん高級感のある漆塗りの器や錫製の箸置きも素敵ですが、今年はさらに遊び心をプラスして、紅白や金の水引でできた箸置きをバリエーションに加えてみてはいかがでしょうか。

hasioki

hashioki02
食卓が日本の風習を見つめなおすきっかけに

本来水引とは、贈答品の包み紙にかける和紙製の紐のこと。慶事ばかりでなく、お見舞いや弔事など贈答品全般に用いられ、紐の色や本数、結び方でそれぞれ意味が異なります。現在では、のし紙やご祝儀袋にあらかじめ印刷されているものの方が、馴染み深いかもしれません。

そんな伝統工芸である水引も、箸置きをはじめ、アイデア次第でさまざまな用途で活用することができます。一説には、飛鳥時代の遣隋使の献上品にまで遡るとも言われる水引。お正月のおめでたい席に一緒に並べることで、古来から伝わる日本の風習を見つめなおす良いきっかけにもなりそうですね。

rd850_EPL60690

「遊-ZEN 京箸置」
価格:
のし 赤:650円
結び 金色:700円
http://www.yu-zen.co.jp

 

■お問い合わせ
アーテック株式会社
電話:058-387-6996

 

《関連記事はこちら》

愛嬌たっぷりの鯛のお皿

体型と好みに合わせた世界で唯一のオーダーメイド箸

 

Area