ライフスタイル

ドン・ペリニヨンも認めた木桶のシャンパンクーラー

2015.09.28

nakagawa-mokkougei6

京指物の名工房の手になる作

このシャンパンクーラーは、実は、木製の桶。つくったのは中川木工芸の三代目の中川周士氏です。

中川木工芸は京都の桶指物(おけさしもの)の名工房(http://www.nakagawa-mokkougei.com)。先代の父、中川清司氏は木工芸の重要無形文化財=人間国宝に指定される、日本を代表する名工です。

nakagawa-mokkougei9

 

日本の伝統工芸を正しく継承

桶は金属の釘を使わず、木材を組み合わせる(指し合わせる)ことによって造形する「指物」(さしもの)という木工の技でつくられます。切り出してから長期間寝かせた原木を割り、さらに雨に晒してアク抜きをした側板を「銑」(せん)という弓状の刀で削り丸みをつけ、組み上げてからカンナで削り美しく仕上げるなど、その卓抜した技術はまさに日本ならではの伝統工芸。また、熟練の職人技によりつくられた桶は一部が壊れても破損部分を差し替えることで修理が可能。実際に中川木工芸には100年前につくられた桶が、いまも修理にもち込まれています。日本の伝統を受け継いだ木桶は、ものを大切にするエコロジーの精神を体現した、世界に誇れる逸品であるのです。

nakagawa-mokkougei7

ワインや日本酒を冷やすのにも最高

そしてこのシャンパンクーラーは、楕円形のかたちや、薄くシャープな縁が、従来の桶の常識を破る斬新さ。そのため試作を何度も繰り返し、完成までに2年もかかった、中川木工芸でも屈指の力作。使用される高野槇や尾州檜は古くから風呂桶などに用いられてきた高級木材で、水に強く、軽く、結露が生じ難く、ボトルの保冷にも適しているなど、シャンパンクーラーにまさに最適。そんなことから、あのシャンパンの最高峰ブランドであるドン・ペリニヨンの公式クーラーに選ばれてもいるのです。

ラインナップは楕円形の幅と奥行きの違う「Konoha」(このは)、「Misumi」(みすみ)、「Shizuku」(しずく)の3サイズ。もちろん、ワインや日本酒を冷やすのにも、おすすめです。

nakagawa-mokkougei8

「Konoha」

サイズ:H=20cm・W=37.5cm・D=22cm

素材:高野槇あるいは尾州檜

価格:ともに、8万8000円(税抜き)

 

「Misumi」

サイズ:H=20cm・W=22.5cm・D=22cm

素材:尾州檜

価格:6万8000円(税抜き)

 

「Shizuku」

サイズ:H=20cm・W=25.5cm・D=18.8cm

素材:尾州檜

価格:6万5000円(税抜き)

 

販売元・問い合わせ先

株式会社リンクアップ / http://www.l-u.co.jp / 075-744-1544

Area