ライフスタイル

ボール紙でできた、紙を傷つけない新発想の「メモクリップ」 

2016.01.08

rd850_1512LIFE20_memoclip2
それぞれ得意な印刷技術をもつ6つの会社が共同で開発

可愛らしいルックスでついつい手にとりたくなるこちらのクリップですが、じつは使われている素材が最大のポイント。通常は芯材として使われるチップボールという紙でできているため、大事な書類やプリント類を痛めることなくしっかりと挟めるし、メモまで書き込めるんです。

製作しているのは2012年にスタートを切った「印刷加工連」という気鋭のメーカー。会社名が示すとおり、それぞれに得意な技術をもつ6つの印刷会社が共同で運営し、様々な紙文具を送り出しています。

rd850_1512LIFE20_memoclip3
使う人のイマジネーションを刺激する使いやすい紙文具

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、印刷会社はただ単純に紙に印刷をしているだけではありません。製本や穴あけ、型抜きや箔押しなど、様々な技術をもつ会社が数多く存在しているのです。今回のメモクリップは、こういった技術を印刷以外に活用した新しい試みのひとつ。

紙の種類や特性を知り尽くしている印刷会社がつくっているだけに、触った感触や厚み、メモを書き込んだ時の心地良さなどまでしっかりと考えられています。机の上に置いておくだけでも、イマジネーションを刺激してくれそうなデザインなのも大きな魅力ですよね。

rd500_1512LIFE20_memoclip1
環境にも優しいからエコ意識の高い方への贈り物としても最適

メモが書き込めるということは気の利いた付箋としても使えるし、会議で資料などを配る時にも名前が書けるのでとても便利。さらに嬉しいのは、使わなくなった紙ゴミを捨てる時。これまでのスチール製のクリップは燃えるゴミとして捨てるワケにはいかなかったので、いちいち取り外す作業が必須でした。

このクリップならもちろん燃えるゴミとして気兼ねなく捨てられるので、エコ意識の高い方には嬉しいですよね。シンプルでキレイなカタチの箱に30枚入って販売されているので、同僚に気軽なプレゼントとして贈ってみてはどうでしょう? オフィスワークがきっと楽しくなりますよ。

 

■お問合せ
印刷加工連
「メモクリップ」
サイズ:長さ54mm、幅30mm
価格:400円(税抜き)
http://www.inkaren.com/products/B00GTJDGKW.html

 

《関連記事はこちら》

パリジェンヌにも愛用される日本の樺細工「cherry pieces」

日常から上質に。秋田道夫氏と燕三条の金属加工メーカー『タケダ』のコラボ商品

 

 

Area