日常からサーキットまで走りを楽しめる「レクサス GS F」登場

2016.01.15

re1512VEHICLE01_lexusGSF1
レクサスのグランドセダンから派生する1台

レクサスのミッドサイズセダン4代目GSがマイナーチェンジを受けて登場しました。GSは国内レクサスブランド登場前まではアリストと呼ばれていて、国内でレクサスブランドがスタートした際の第一弾モデルでもありました。

ハイブリッドシステムを搭載したGS450hとGS300h、そして今回新開発となったV6・3.5ℓエンジンを搭載したGS350、V6・2.5ℓエンジンのGS250というバリエーションを持っている本格グランドツーリングセダンです。今回、このマイナーチェンジしたGSをベースにV8・5.0ℓエンジンを搭載したモデル「GS F」が新たに追加されたのです。

次ページ《「F」とは何なのか?

Area