瑞々しく酒席を飾る竹をモチーフにした硝子器「バンブー」

2016.01.21

rd850_1601LIFE07_bamboo2_b
東京最古の硝子店が手掛けた逸品で晩酌をさらに楽しく

青竹のお猪口で日本酒をいただく、日本古来の粋なお酒の楽しみ方を思い起こさせてくれるのがこちらの硝子酒器。手掛けたのは東京最古の硝子店をルーツにもつ「廣田硝子」です。

しっかりと厚みのある硝子を使い、天然の竹がもつフシの起伏などまで巧みに表現したこちらの器は眺めているだけでも風情を感じる逸品。もちろんその魅力は見た目だけではありません。長年の経験をもとに口あたりの良さを考慮してつくられているため、お酒もより一層おいしく感じられると評判なのです。

次ページ《大量生産ではない魅力ある硝子製品を追求して誕生

Area