手帳やノートと合わせて楽しく使えるキュートな「付せん紙」

2016.02.01

re1511MONO_34animalfusen1
さまざまな動物の絵柄の付せん紙が登場

ノートや手帳の目印として貼ったり、誰かにメッセージを伝えたり、やることの確認やメモに使ったりと、いろいろな場面で活躍してくれる“付せん”。今日ではサイズや形、絵柄などさまざまな種類の付せんが続々と登場しています。

そこで注目したいのが、デザインステーショナリーブランド「ミドリ」のアニマルダイカット「付せん紙」です。ポイントマーカーとして、インデックスとして、女性を中心に現在人気を博しています。また日本を訪れた外国人からも、小さいのでお土産に最適と注目を集めています。

 re1511MONO_34animalfusen2
毎日持ち歩いて使いたくなるアイテムです

「ミドリ」の付せん紙の誕生は2006年。そして今年、新たにさまざまな動物の絵柄をセットにした、Sサイズ100枚入りと、Mサイズ50枚入りが仲間入りをしました。同じモチーフで異なる10種類をデザインしたSサイズは、手帳やノートの余白に使いやすいミニサイズで、インデックスなどの目印として使えます。

また、水族館や動物園をテーマに5種類の動物をセットにしたMサイズは、ちょっとしたメッセージの書き込みに便利。資料やギフトに添えて、メッセージカードのようにも使用できます。

 re1511MONO_34animalfusen3re1511MONO_34animalfusen4
「ミドリ」の豊富なラインナップ

手帳やノートに使いやすい付せんには、透け感が可愛い「フィルム付せん ミニ」や、手帳のマス目にちょうどいいサイズ感の「月間ブロック付せん」、スリムタイプで透けたフィルム素材の「ブックマーク付せん」が揃います。メッセージを伝える付せんには、人や動物の顔のイラスト、インスタント写真風のものなど、ちょっとユニークなデザインがラインナップ。

やることを管理するために書き出すToDoリストが便利な付せんも大人気です。どれもほのぼのとした雰囲気でありながらもカラフルで目立つカラーリングなので、大活躍すること間違いなし。日々使うステイショナリーの仲間に入れて毎日を楽しくさせてください。

 

ミドリ「付せん特集」
アニマルダイカット「付せん紙」
Sサイズ:ネコ柄・イヌ柄・トリ柄・ペンギン柄(計4柄)
Mサイズ:森の動物柄・水族館柄・動物園柄・サファリ柄(計4柄)
各380円(税抜き)
www.midori-japan.co.jp/special/fusen/

 

■お問い合わせ
デザインフィル ミドリカンパニー
http://www.midori-japan.co.jp/md/index.html

 

《関連記事はこちら》

絵じゃないんです、切り絵です。イラストレーター横山路漫の「切り絵」

日本最高のアクアリウムクリエイター天野尚の軌跡

Area