傘をさすのが楽しくなる、小宮商店の雨傘「かさね」

2016.02.14

re1602LIFE02_Kasane1
上品さと華やかさをあわせ持つ甲州織の傘「かさね」

シンプルな生地なのに開いた瞬間に華やかな存在感を放つ「甲州織両面無地傘『かさね』」。甲州織はその名の通り、甲州(山梨県)産の先染め高級織物。髪の毛よりも細い番手の糸を、昔ながらの織機で高密度かつ均一に織り上げています。

「かさね」の生地は表と裏が異なる糸で織られた両面仕様。卓越した技術で染色された糸が綾織りにされており、裏面の糸色が表面にもわずかに顔を出しているのが特徴です。このさり気ない色の重なりによって陰影が生まれ、深みや奥行きが感じられるようになっているのです。さらに縁の反転部分は生地の折り返しではなく織りで表現されたもの。生地と骨を合わせる作業はひとつひとつ手作業で行われています。熟練の職人でも1日に仕上げられるのは4〜5本だそう。

re1602LIFE02_Kasane2
思わず誰かに言いたくなる名前の由来

「かさね」は生地の色の重なりという意味のほかに、「傘音」という意味も持っています。由来は、生地に雨が当たると小さな打楽器を叩いているような小気味良い音がすることから。美しく張られた傘でなければ出せない、独特の音色です。

内側にも細かい配慮が多々あります。開閉時に手や髪の毛を挟みやすい「ろくろ包み」のろくろ部分が傘生地で覆われていたり、手元も持ちやすいように若干シェイプされていたり。傘をまとめるネーム部分も生地の張り合わせ部分に入れ込んで縫われており、内側からも美しく見えるようになっています。

re1602LIFE02_Kasane3
大切な人への贈り物にぴったり

生地は織り自体が高密度なのに加えて防水・UVカット加工が施されているので、遮光率・UVカット率ともに99%以上。雨傘でありながら日傘としても使えます。

カラーバリエーションも豊富で、自分への1本としてはもちろん大切な方への贈り物にもぴったりの品です。

 

甲州織両面無地傘「かさね」女性(レディース)/長傘16本骨
1万8000円(税抜)
カラー:ネイビー×レッド、ブラック×シルバー、ワイン×紅藤ピンク、セルリアン×ラベンダー、濃ブラウン×アッシュピンク、チョコ×茜、ベージュ×ピンク、グレー×ローズピンク、オレンジ×ベージュ、ネイビー×パープル、ブラウン×ベージュ、アッシュブラウン×カーキ
親骨の長さ:55cm、直径:約93cm

http://item.rakuten.co.jp/komiyakasa/c/0000000160/

■お問い合わせ
小宮商店
電話:03-6206-2970

 

《関連記事はこちら》

絵本から飛び出したレタスの傘

超撥水風呂敷が日本の“包む”をさらに多彩に