鍋好きのための鍋「肴七味(ななみ)」の卓上鍋

2016.02.26

rd850_3
金物の本場で開発した鍋料理のための鍋

古くから金物の本場として知られ、今や世界にもその名が知られている新潟県燕市。そんな燕市の職人が持てる技術と経験を余すことなくつぎ込み、徹底的に品質を追求して生まれたのがこの「肴七味(ななみ)」シリーズの卓上鍋です。 開発者いわく、「鍋は煮え際を食す料理である」という自身のこだわりを妥協することなく完全に再現したとのこと。鍋料理を調理するときの水量と熱回りとのバランスについて研究に研究を重ね、試行錯誤を繰り返して最適な素材、大きさ、形状を見つけ出しました。こうして、目にも舌にもおいしい鍋料理が家庭でも楽しめる「鍋好きのための鍋」が完成したのです。

 

次ページ《堅牢で取り扱いが楽な金属製

Area