世界も注目する萩の竹のインテリア「TAKE Create Hagi 」

2016.03.07

rd850_1602LIFE17_TAKECreateHagi1
環境にやさしく、さまざまな可能性が秘められた竹という素材

日本海に面した山口県萩市。冬は雪深く、寒暖の差が大きいこの地でたくましく育った竹は、硬く粘りがあり、肉厚で繊維の密度が高いという優れた特徴があります。「TAKE Create Hagi」は、そんな萩の竹を用いたインテリアを世界的に広めたブランド。米アカデミー賞など、世界最高峰の祭典に採用されたこともあります。

今、世界でも「竹」という素材が改めて見直されています。製品になるまでに数十年はかかる杉などの木材に比べて、成長が早い竹は3年から5年ほどで製品化が可能。木材よりも竹を使った方が材料の確保がしやすく、木材にとって代わるものとして森林伐採の歯止めがかけられることも期待されています。

 

次ページ《軽やかでしなやか、そして強い、萩の竹を活かす技術力

Area