「WARM TECH ice cream SPOON」の衝撃

2016.03.11

 

rd850_1602LIFE31_WARM TECH1
宇宙開発から生まれた素材がアイスクリームスプーンに

アイスクリームを堪能するために開発されたスプーン「WARM TECH ice cream SPOON」。スタイリッシュなブラックが印象的ですが、これは、炭素由来の素材そのものの色み。CFRPというこの素材は、なんと宇宙開発の過程で生まれたものなのだとか。

バッテリーの熱を宇宙空間に放熱するために開発されたCFRP。金属の中では比較的熱を伝えやすいアルミニウムの熱伝導率が236W/m・kなのに対して、CFRPはその2倍以上の500W/m・k。抜群の熱伝導率の高さが、手の体温をすぐにスプーンに伝え、アイスクリームを溶かしながら食べられる仕組みです。口に入れるアイスクリームは、まるでキャラメルのようになめらかな口どけ。その舌触りのよさに感動します。

 

次ページ《デザインのモチーフは、昔ながらの素朴な木のさじ

Area