進化し続ける究極の国産スーツケース「プロテカ」

2016.03.15

rd850_160302_LIFESTYLE_puroteka_Main1
世界で活躍するデザイナー、佐藤オオキ氏が参画

日本製だから実現できる世界最高レベルの高品質と、世界に誇るテクノロジーを駆使した高機能。国産スーツケースブランド「プロテカ」は、そんな“Made in Japan”にこだわり、さらにその先を目指して「新・日本製」を掲げています。

「新・日本製」とは、日本の伝統や技術、感性から生まれたものでありながら、「日本」という枠を超えて、グローバルに人々を感動させるものを作りたいという心意気。Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた佐藤オオキ氏をクリエイティブディレクターに迎え、2015年にブランドを一新。さらに使いやすくスタイリッシュに生まれ変わりました。2016年4月下旬にはフタと底が完全に分離する世界初の構造を持つ「360 Frame」を登場させるなど、その進化はとどまることを知りません。

 

次ページ《スタイリッシュで高機能、豊富なバリエーションが魅力

Area