毎日身に付けていたいジュエリー「carat a(カラットアー)」

2016.03.19

rd500_1603LIFE01_carat a1
繊細なデザインを形にするためのMade in Japan

 「なんてフェミニンなの!」「信じられないほど華奢なジュエリーだ!」と、パリやラスベガスのファッションジャーナリストたちが驚きを隠さなかった日本のジュエリーがあります。その名は「carat a(カラットアー)」。ファッションディレクターなどで雑誌や広告を中心に活動するウツノアイさんが手がけるジュエリーブランドです。

極細の金線に緻密なアクセントを付けるような、数ミリの世界で表現されるデザイン。またセッティングの仕方によっても、ダイヤモンドは浮き立つように輝いてきます。石が持つ輝きを最大限に活かすためには、石を留める爪の加工といった細かな部分が非常に重要になってくるのです。

次ページ《日本の職人技によって、ダイヤモンドの輝きが変わる

Area