ライフスタイル

金沢の酒蔵で生まれたスキンケア「すっぴんエッセンシャルズ」

2016.04.01

rd850_1603LIFE11_SuppinEssential1酒蔵で働いている杜氏さんの肌がきれいなことから着想

寛永2年、西暦にして1625年に創業した石川県金沢市の老舗、福光屋。当時から日本酒を追求し続け、現在は純米酒のみを造るこの酒蔵で生まれたのが、スキンケアシリーズ「すっぴんエッセンシャルズ」です。

開発のヒントは、まさにその酒蔵にありました。酒造りに精を出す杜氏さんたちの手肌がなぜかとてもきれいだったのに着目し、研究を重ねて生まれたシリーズです。原料となっているのは、基本的に水とお米。肌にとって何が必要なのかを吟味し、毎日使っても安心できるシンプルな成分で作られています。

次ページ《米の発酵によって生み出される天然成分を、バランス良く配合

 

Area