ワンランク上の「美」を追求するPanasonic Beauty PREMIUMの実力

2016.04.12

 

rd850_photo1
上質な「美」、そして夢を女性に提供するPanasonic Beauty の矜持

 1992年に「きれいなおねえさんは、好きですか。」のキャッチコピーで鮮烈なデビューを飾って以来、幾度も伝説級のヒットアイテムを送り出し、日本の美容家電界のトップを走り続けてきたPanasonic Beauty(以下、PB)。

そのPBが、満を持して<PREMIUM>の冠をつけたシリーズを展開し始めたことは、ご存知でしょうか。

PBのサイトや伊勢丹など、限定の場所でしか手に入らないプレミア美容家電。人気アイテムの上位機種が並ぶのかと思いきや、そんなありきたりで退屈なシリーズではありませんでした。

PBが本気で勝負を賭けてきた挑戦的なラインナップがずらり。

美容もおしゃれも頑張りたい20代、30代女性をターゲットとする従来のシリーズとは一線を画し、きれいなお姉さんではなく「美しい人」と称賛されたいアラフォー以上の女性たちの夢を叶えるアイテム展開となっています。

ラインナップに目を通すと

★超音波美顔器
☆スチーマー
★ブースターマスク
☆ヘアドライヤー

加齢を感じやすい場所を重点的に抑えた、さすがの布陣です。しかも<PREMIUM>にしかないアイテムが、なんと2つも(★印)。老舗にしてこの冒険心。決して守りに入らない姿勢に胸打たれます。

次ページ《化粧ノリを劇的に変えてくれるブースターマスクという新家電

 

Area