特選“木製品”:日本一美しいひらがな積み木「あいうえおつみき」

2016.05.07

rd850_1604LIFE15_AIUEOtsumiki1rd850_1604LIFE15_AIUEOtsumiki2

名作絵本「あいうえおえほん」の美しいフォントや絵をそのままに

1982年、ひらがなの美しさを追求して制作された絵本の「あいうえおえほん」。戸田幸四郎さんがフォント制作から絵、装丁まですべてを手がけたこの名作絵本が、30年以上の時を経て「あいうえおつみき」になりました。

子どもたちが初めて出会うものだからこそ、大人も真剣に取り組んだものでなければ。そんな想いから、ひらがなという文字の美しさが追究された、オリジナルの書体。また、身の回りのもののカタチが描かれた絵も、研ぎ澄まされたシンプルな輪郭線や考え抜かれた配色が織り成す美しい色彩が心に残ります。単に知識を教えるのではない、豊かな心の育成にも通じる真の知育玩具の姿がここにあります。

次ページ《木工細工が古くから盛んな岐阜県の郡上八幡にある野首木工所