特選“切子硝子”:日本オリジナルのウエア、着物をモチーフにした「KIMONO」

2016.05.03

 

rd850_1603LIFE08_KIMONO1
シリーズ全てを揃えたくなるグラス「KIMONO」

白い帯に細い線。木本硝子の「KIMONO(キモノ)」は日本オリジナルの衣服・着物をモチーフにしたグラス。手吹きの江戸硝子にサンドブラストという技法で、袴・足袋・帯を表現。シンプルなデザインの中に日本の美意識を反映しています。

東京の伝統工芸を現代のライフスタイルになじむようデザインされた製品で、それぞれ「HAKAMA」「TABI」「OBI」という名前が付けられています。

次ページ《日本の伝統技術を活かしながら新しい製品を生み出す