日本の四季を感じるテーブルマット「SHIKICOLORS Table mat」

2016.05.15

 

rd850_039_01
伝統と先端技術が生み出した食卓の四季

富山県の高岡市は金属加工技術で有名な街。その高岡市にある株式会社ナガエは、この地に長く続く「鋳物技術」を受け継ぐ金属加工会社です。今回紹介する「SHIKICOLORS Table mat」は、そのナガエを母体とするライフスタイルブランド「NAGAE+」が手掛けたテーブルマット。使われている素材は、サトウキビ由来のバイオエタノールを使ったPETという樹脂。それに金属加工の伝統技術を駆使した金属箔が貼られています。まさに「伝統と先端技術の融合」によって生み出されたアイテムといえるでしょう。

rd850_039_02
日本の美しい四季の情景を再現

「SHIKICOLORS」という名前のとおり、日本の四季、自然の色をイメージしたカラーリングが施されています。その色合いには、日本ならではの「秋の山々の紅葉」や、極寒の海に浮かぶ「氷山」などがあります。特に紅葉をイメージした「Gold×Red」のカラーリングは、鮮やかな赤色と控えめなゴージャスさを持つ金色の風合いが見事です。

rd850_039_03

他はクールさが際立つデザインの「Silver×Blue」、同じ青を基調としながらも温かみのある「Gold×Blue」、そしてモダンな色合いの「Gold×Sepia」の3種類が用意されています。どの色合いも美しいグラデーションカラーが特徴で、一見するとテーブルマットではなく芸術品と思えるほどの出来です。

 

次ページ《日常使いだけでなくインテリアとしても重宝