特選“有田焼”:有田焼開窯400年を記念し、ビール専用の「Arita Share Glass」が誕生

2016.06.03

 

rd850_-photo1
有田焼誕生400年というメモリアルイヤーにサントリービールと共演

佐賀県有田町を中心に作られる磁器、有田焼の歴史は古く、2016年は有田焼が誕生して400年になるそうです。その地で150年続く有田焼窯元・幸楽窯から、ビール専用のグラス「Arita Share Glass (アリタシェアグラス)」が、クラウドファンディングサービス「Makuake」に登場しました。

このアリタシェアグラスは、一般的なビアグラスより少し小さめのショットグラスサイズ。一種類のビールをがぶ飲みするより、集まった仲間たちと少しずつ色んなビールを楽しくシェアしながら味わうという、その名の通りのコンセプトなのです。また、サントリーのクラフトビール「CRAFT SELECT(クラフトセレクト)」の多彩さに影響を受け、カラフルでポップなカラーバリエーションを展開しています。

次ページ《有田焼の伝統を受け継ぎ、打ち破る