特選“波佐見焼”:「ambai珈琲」で寛ぐコーヒー&ティータイム

2016.07.02

rd850_-1

コーヒーや紅茶が映える“白”の色みにこだわって

長崎県の「波佐見焼(はさみやき)」のカップやポットと、貴重な国産を使用した竹皿のシンプルな組み合わせが秀逸な「ambai珈琲」のシリーズ。同じ白でもクールになり過ぎないようマットがかった釉薬が選ばれていて、やわらかな白がコーヒーの色みによく映えます。

おすすめは、注ぎやすい湯口にこだわって作られたポット。茶葉が詰まりにくい大きな磁器製の茶漉しを採用し、湯回りも良く、お茶をおいしく淹れることができます。

陶磁器の中でも近年特に注目されている「波佐見焼」は、もともと「有田焼」という総称の中に埋もれていた波佐見地域の焼物で、確かな技を受け継ぐ伝統工芸。天草の大地から生まれた陶石から作られている焼物です。

次ページ《カップのスタッキングを可能にした精巧な波佐見焼の技

Area