セルフィーしたくなるデザインフェイスパック(顔パック)

2015.10.07

photo00

苦難を乗り越えて、アートなフェイスパックが誕生

日本の伝統芸能である歌舞伎の隈取をフェイスパックにし、たちまち話題をさらったデザインフェイスパック。監修は歌舞伎俳優の市川染五郎さんで、本格的な隈取を再現しました。

デザインフェイスパックを開発した一心堂本舗は、もともとはお菓子メーカーであり歌舞伎座でおかきや飴などを販売。ほかに歌舞伎をテーマにしたお土産を作れないかと模索していたところ「Tokyo Midtown Award2008 デザインコンペ」の学生部門の準グランプリ作品を見つけたことから製品開発がスタート。インクが落ちる、型抜きが難しいなど様々な困難を乗り越えて、100万個以上を売り上げるデザインフェイスパックが誕生しました。

『「日本を代表する顔」を世界に紹介するブランド』をコンセプトに歌舞伎以外にも、上野動物園の動物、漫画のキャラクターなど様々なモチーフをフェイスパックにして話題を集めてきました。

facepack_friend01 facepack_kabuki_kotobuki1

facepack_kabuki1 jojo_facepack01

 

 

新デザインのテーマは京劇

そんなデザインフェイスパックに、7月10日“京劇”をテーマにした新シリーズが仲間入りしました。京劇は、18世紀末に北京で誕生した中国各地の地方劇などを融合した古典演劇の戯曲のこと。中国の総合芸術として、市民に広く親しまれており、京劇役者が纏う衣装や化粧は、“動く美術館”と呼ばれるほど、華やかなことで知られています。「北京京劇院」は、政府に認定された世界最高レベルの京劇団。彼らが演じる関羽、楊貴妃、孫悟空、項羽の4つの役どころが、今回フェイスパックになってお目見えしました。

 

Photo02 photo03

 

フェイスパックとしてはもちろん、セルフィーも盛り上がって

ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体がたっぷりしみ込んだフェイスパックは肌に潤いをもたらしてくれるのはもちろん、SNS拡散したくなるキャッチ―な写真が撮れるのも嬉しいポイント。歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん、女優の水川あさみさんなど、芸能人たちもハマるデザインフェイスパックのセルフィー、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

京劇 フェイスパック(関羽&楊貴妃) 900円(2枚入り)

京劇フェイスパック(孫悟空&項羽) 900円(2枚入り)

 

一心堂本舗

http://isshin-do.co.jp