肌をケアするようにまとう「QUON」のメイクアップライン

2016.07.18

rd850__1606LIFE12_QUON1rd850_1606LIFE12_QUON2rd850_1606LIFE12_QUON3rd850_1606LIFE12_QUON4

オーガニックコスメの一歩先を行く「ワイルドクラフトコスメ」

自然を大切にしたものづくりの心地よさを知る人たちが注目する化粧品ブランド「QUON(クオン)」。肌ケア商品だけでなく、そのメイクアップラインに並ぶリップグロスやBBパウダーにも、自然由来の原料が使われています。

QUONは、日本初の国産「ワイルドクラフトコスメ」ブランドとして誕生しました。有機栽培の原料を使うものをオーガニックコスメと呼びますが、QUONが提唱する「ワイルドクラフトコスメ」の基準は、それよりもさらに厳格。国産を中心とした無農薬、自然農法による原料で作られています。

肥料や農薬を一切使わず、畑に生きる多様な草や虫を敵にしない自然農法による大和茶などは、「奇跡のお茶」と言われるほど栽培が難しい原料です。

 化学成分は一切入っていない、天然成分100%のリップグロス

大和茶は奈良県の都祁(つげ)の里で、標高500mの気候風土を活かした日本古来の伝統製法によって栽培されています。その茶実から抽出される油には、オリーブオイルよりも豊富なオレイン酸が含まれているそう。

オレイン酸は、肌に潤いとハリを与える効果が期待されている成分です。そんな茶実の油をはじめ、ハチミツやヒマワリ、コメヌカなど、人間の皮脂に近い天然成分なども配合されて作られているのが「グラマライザーリップグロス」です。

カラーは、ほんのり色づく「ロージーレッド」と、上品なパール感がある「ロージーピンク」、唇の色を活かす「ハニーホワイト」の3色。直に塗っても、口紅の上に重ねてもきれいなツヤ感が楽しめます。

次ページ《BBパウダーには、しっとりなめらかな肌に導く天然成分が》

Area