「Math Salt」枡をアレンジした入浴剤で美と癒しを

2016.07.28

rd850__1607CULTURE16_Math Salt1rd850__1607CULTURE16_Math Salt2

ヒノキの香りと好相性なハーブのバスソルトで癒しのひと時を

「Math salt(マスソルト)」は、ハーブのバスソルトと枡の素材であるヒノキの香りと効能の、相性の良さをコラボレーションしたバスアイテムです。これを手がける「枡工房枡屋」のある岐阜県大垣市は、「枡」の生産量全国シェア80%を誇っています。木曽や東濃など日本有数のヒノキの産地が近く、良質の天然ヒノキが手に入る恵まれた土地だからです。

日本伝統の材である香り豊かなヒノキを使い、現代風の入浴剤にアレンジした「Math salt」。ちょっとした贈り物に最適です。

rd850__1607CULTURE16_Math Salt3
約1300年の歴史を誇る升と古くから日本に伝わるヒノキの特徴

1300年以上もの歳月親しまれてきた枡ですが、岐阜県大垣市に根付いたのは明治時代のこと。一人の枡職人が大垣の地へやって来て、枡作りを始めたのが大垣の枡作りの起源のようです。現代でも、体積を計る道具としてご飯を炊くときの2合や2合半といった表現をしたり、祝宴やパーティーなどのおめでたい席でも日本酒の杯としても使われたりしていますよね。

また、ヒノキは日本の代表的な木材ですが、一般的に高級なものとされてきたのも特徴。特有の芳香は“香りを売る”と言われるほど価値が高く、その香りはリラックスさせる癒しの効果も。また、乾燥しやすく狂いが少ないため建築材として、抗菌作用や耐水性も高いためお風呂からまな板まで水に触れる用材として、贅沢に使われてきました。

次ページ《癒しの香りと、さりげないメッセージを大切な方への贈り物に》