ライフスタイル

「SPINGLE MOVE」素材にこだわり、製法にこだわったスニーカー

2016.08.02

rd850_01-5

世界が認めた日本製ハンドメイドスニーカー

SPINGLE MOVE」は、広島県府中市に本拠を置くシューズメーカー、株式会社スピングルカンパニーのこだわりのスニーカーブランドです。

独特のデザインをもつ「SPINGLE MOVE」。フォルムは爪先が反り上がった形をしており、人が歩く際の指の屈曲をサポートし、歩きやすいように設計されています。また、「バルカナイズ製法」によって、底が剥がれにくく、型崩れしにくい上に、しなやかに曲がるアウトソールが実現しています。

「バルカナイズ製法」とは、多大な労力と手間がかかるため、国内では数社しか用いていない製法です。また、靴をつくる全工程のほとんどを職人が手作業で行っており、多大な手間をかけながらも、この製法にこだわって、素材にこだわって、確かなクオリティと、流行に左右されないデザインを追求しているのです。

さらにこのクオリティとデザインは日本より先に欧米では認められ、2004年にはパリやミラノのコレクションにも登場しました。

rd850_02-5
素材の革や加工方法こだわり抜いたスニーカー

SPINGLE MOVE」はいろいろなレザーや革を使って製品をつくっています。カンガルー、牛、馬、豚、ラクダ、ゴード、シープ、クロコダイルなどのほか、ヘビやトカゲ、ウナギあるいはサメにもチャレンジしています。靴をまるごと染色する製品染めや水洗いなど素材を活かす豊富な加工のバリエーションも魅力です。

素材へのこだわりが、長く履き込むほどに一足一足に独特のムラやシワという個性を加えていきます。長く大事に履くことが楽しくなる「SPINGLE MOVE」。普通のスニーカーブランドではなかなかお目にかかれない、自分にあった個性豊かな一足に出会えるでしょう。

rd850_03-5
ソールにもこだわってゴムも自社製

SPINGLE MOVE」の工場にはゴム工場が併設されています。というのも、「SPINGLE MOVE」はゴム工場に起因し、その技術を活かしてできた靴ブランドだからです。この長所が最大限発揮され、スニーカー毎に最適なソールがつくられるのです。ゴムの配合を変えたり、ゴムの着色を変えたり、自由自在です。

自社工場だからできる様々な表情をもったソール。これも「SPINGLE MOVE」の魅力の1つです。さらに「SPINGLE MOVE」の、足を包み込むようなやさしい履き心地をつくっているのは、化粧用パフと同じ天然の柔らかいラテゴムを使ったインソールです。

スニーカーは使っていればソールが傷み、インソールが傷みます。「SPINGLE MOVE」は、インソールの交換やライニングの張り替えはもとより、すり減ったアウトソールにゴムを貼り付けての修理も可能。すり減って消えた独特のソール模様が復活します。ここにも長く使って貰いたいとの職人のこだわりが見えます。

 

■お問い合わせ
株式会社スピングルカンパニー
商品名:SPINGLE MOVE
価格:SPINGLE MOVE SPM-110 Navy/Blue 17,000円(税抜)
価格:SPINGLE MOVE SPM-247 White 21,000円(税抜)
http://spingle.jp/
TEL:050-3537-1817
メール:onlineshop@spingle.jp

《関連記事はこちら》

「MOONSTAR」×「fennica」から生まれた美しい大人のスニーカー

日本の職人技が宿るオニツカタイガー「NIPPON MADE」

made in久留米の窯焼き製法高品質スニーカー「SHOES LIKE POTTERY」

Area