日本の職人が発信する 個性派アイウェアブランド

2015.10.15

高い技術があってこそ実現する、革新的なデザイン

『FACTORY900』は福井市に自社工場を構え、デザインから製造まで、ほぼすべての工程を自分達の手でおこなうアイウェアブランド。“THE FUTURES EYEWEAR”という、近未来的なイメージをブランドコンセプトとして、小規模ながらも世界に類をみない特殊加工技術を駆使してメガネの新しい可能性を模索し続けています。その独創的な美を追求したデザインと高い技術力は業界での評価も高く、2013年にはメガネ界のアカデミー賞といわれるSILMO D’OR(シルモドール)を受賞したほど。今年は2年ぶりに、 “THE FUTURES EYEWEAR”を具現化し、6つのレンズが顔を覆うデザインの新モデル『THE SIX EYES』が審査員特別賞を受賞しました。

RF-001

RETRO FUTURE BY 900(RF001)¥33,000 (税抜)

RF-002

2015年のシルモドールで審査員特別賞を受賞した『THE SIX EYES』¥70,000(税別)

 

メガネの概念にとらわれない、革新的な3つのライン

コレクションラインは3つ。まずはオリジナルの『FACTORY900』。アニメーションやフィギュアなどを彷彿とさせる造形や優美なラインは、ヨーロッパでは“ジャパンカルチャーを感じさせるメガネ”と称されています。

次に2010年に発表されたのは『factory900』。メガネの素材であるアセテートを自由自在に折り曲げ、新しい表現方法を模索したユニークなラインです。

そして2014年にリリースされた最も新しいラインが『RETRO FUTURE BY 900』で、これはRETROとFUTUREという相反するコンセプトを同時に掲げた革新的なライン。アンティークのメガネから着想を得たというこのラインは“半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する”という発想でデザインされているとのこと。

RF-003

RETRO FUTURE BY 900(RF007)¥35,000(税抜)

 

2015年2月には、初の直営店「FACTORY900 TOKYO BASE」が東京・渋谷にオープン。この10月に発表されたばかりの『FACTORY900』の新作6モデルに加え、日本発ウィメンズアパレルブランド『エルザ・ウィンクラー』とのコラボによるサングラス2モデル、計8つの秋の新作を含む全コレクションラインの製品が並びます(秋の新作は11月より)。ぜひ店頭でチェックを。

 

【FACTORY900 TOKYO BASE】

■東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F

■03-3409-0098

■営業時間 12:00~20:00

■水曜定休

http://www.factory900.jp

RF-004

factory 900(fa-1134)¥33,000(税抜)

RF-005

Area