刃物というより宝飾品!「ミノバ セラミック ジュエル ナイフ」

2016.08.26

rd850_01

日本の伝統と最先端の融合が作り出すジュエリーライクなナイフ

誕生日や結婚式など、お祝いのテーブルにいつもさりげなく置かれているもの。それはナイフです。人生の門出に立ち会ってくれるナイフって、なんだか特別な気がしませんか。だからこそこだわりたい、その思いに付き合ってくれるのが「ミノバ セラミック ジュエル ナイフ」です。

セラミックナイフというと西洋のイメージがありますが、こちらのナイフは「美濃」や「瀬戸」、「関」や「燕三条」といった日本が誇る陶磁器や刃物の産地から14社が協力して生まれたもの。伝統と最先端、両方の技術を大胆に融合させ、日本の技と美が息づいています。3か月かけ30以上の工程を経て丹念に作られるナイフは、まさに磨き上げられたジュエリー。ダイニングテーブルでケーキやフルーツ、チーズを切り分けるための特別なナイフですので、おもてなしの際にもテーブルや手元に華やぎを与えてくれます。

rd850_02
確かな素材と品質を追求し、生み出された美しさが世界を魅了!

ナイフに使用されているファインセラミックは、上質な白磁の200倍もの素材価値があるとされ、宝飾時計にも使われるほどの美しさと強度を誇るジュエリー素材。熟練の技術者が超高圧プレス機で一枚一枚成形し、非常に高い精度で丹念に削っていくことで、上質な切れ味と真珠のような上品な光沢を生み出します。絵付けは世界初の特別な技法(特許取得)によりゴールドやプラチナを基調としたデザインで加飾されることで優雅な仕上がりに。

そして2015年には、フランクフルトの世界最高峰の国際見本市「アンビイエンテ」で、出展3年目にして初めてメインホールに出展。400年以上にわたる日本の伝統と技術の上に成り立つ、確かな品質と美しさが、改めて世界のハイクラスマーケットで認められることを示しました。

次ページ刃物はNG!? いえいえ、大切な記念のギフトこそナイフです!

Area