ライフスタイル

特選“陶磁器”:ダイエットを意識したら「量るカロリー茶碗」がおすすめ

2016.09.01

rd850_1606CULTURE15_wan1

はかりなしでもカロリーコントロールができる秀逸なデザイン

カネコ小兵製陶所「量るカロリー茶碗」は放射状のラインが隠れるようにふっくらよそうと100kcalになるように計算されて作られています。見た目だけではわからないデザイン性の高い器です。

さりげなく入れられているように見える柄の長さは、試作をしては都度ご飯の量を確認して微調整という行程を何度も繰り返して導き出されたもの。また高級感があること、ご飯をよそったときにキレイに見えることにこだわって作られています。

rd850_1606CULTURE15_wan2
自身の生活習慣病を見直す過程で誕生した器

デザインは窯元の代表でもある伊藤さんの手によるもの。きっかけは自身に生活習慣病の疑いがあるということでお医者さんに茶碗を持ってくるように言われ、そこでご飯の量の指導を受けたことからだそう。ただ食事のたびに計量するのは面倒だからと茶碗に目安を刻むことを思いつきました。でも計量カップのように線を引いただけの器では魅力を感じられなかったそう。制限があってもそれを感じさせない茶碗が欲しいという思いが今のデザインにつながっているのです。

また当初は100kcal(=60g)サイズだけでしたが、60gではやはり少なく満足感が得られないので150kcalと200kcalサイズもラインナップに加わりました。

rd850_1606CULTURE15_wan3
カロリー制限していることを感じさせない工夫

カネコ小兵製陶所はガラスのような透明感ある質感と、漆器を思わせる深みのある風合いを焼き物で表現した「ぎやまん陶」で有名な窯元です。「ぎやまん」は江戸時代から明治初めにかけて用いられたガラスを意味する外来語。「ぎやまん陶」は光沢が強く、料理を盛ったときに食材がいっそう映える高級感があるのが特徴です。

そのぎやまん陶の技術を応用した「量るカロリー茶碗」はカロリーに気を使いつつも、使用時には堅苦しい制限を感じさせない、〝気持ちが豊かになる〟デザインです。食洗機&電子レンジ対応というのもうれしいポイント。カロリーを気にしている方はもちろん、気にして欲しい方用にさりげなく使うのもおすすめです。

「量るカロリー茶碗」
カラー:漆ブラウン、茄子紺ブルー、利休グリーン
材質:磁器

100kcal茶碗:φ100×H50mm/150g
1300円(税抜)

150kcal茶碗:φ110×H55 mm/175g
1400円(税抜)

200kcal茶碗:φ120×H60 mm/220g
1500円(税抜)

■お問い合わせ
カネコ小兵製陶所
電話:0572-58-3433
http://www.ko-hyo.com/store/100kcal

 

《関連記事はこちら》

「じろや」九谷焼のポップでモダンな器 5種

白地と青藍の美「KIHARA」のポップな「呉須染」5種

Area