ライフスタイル

家庭料理のためにデザインされた職人仕立ての料理道具「九雲」

2016.09.26

rd850_1605LIFE07_QUMO1

rd850_1605LIFE07_QUMO2

日本生まれの美しい竹の集成材で作られたまな板

国産竹の集成材を使って作られた「九雲(QUMO)」のまな板は、口に入っても安全な自家製蜜蝋仕上げ。「中」「小」のサイズのほか、料理をのせて愉しむボードとして重宝しそうな「ロング」と「ショート」も用意されていて、艶やかで温かみがある美しい竹の表情が料理の引き立て役としても活躍します。

適度な固さで、気持ちよく素材が切れるまな板。水に濡らしてから使えば、肉を切ったりハーブをたたいたりしても色移りしにくく、黒ずみになりません。水はけが良く、ニオイも移りにくい衛生的なところもうれしいポイントです。

 

次ページ《温かみのある竹の風合いを、包丁の柄で実現することの難しさ》

Area