特選“燕三条”:今日は「健康の日」!シリアルナンバー入り限定販売「チタニウムメタルメジャー」

2016.10.07

rd850_1605LIFE10_titanium major1

チタンの塊から削り出された、金属マニア垂涎もののプロダクト

金属の街として知られる新潟県燕市で生まれた、一生モノのメジャーがあります。MiLLiSECONDの「チタニウムメタルメジャー」は、これまでおざなりになりがちだったメジャーという存在を、そのスタイリッシュなデザインとチタンという素材によって一躍主役にしたプロダクト。デザイナーに山口英文さんを迎え、株式会社タケダが世界最高峰の金属切削技術によってチタンの塊から削り出し、製作しているものです。

ファーストピアスでも選ばれるチタンは金属アレルギーが起きにくいことで有名ですが、軽量で丈夫なことから航空機の部品などにも使われる貴重な金属でもあります。にぶく光る独得な表情は、金属マニアも垂涎ものです。

rd850_1605LIFE10_titanium major2インテリアショップの店員さんが愛用できるようなツールを

チタンは手に持つとどこか温かみがあり、しっくりくる感触も魅力。ただ、材料そのものが高価なので、なかなか一般向けのプロダクトには使えない素材なのだそう。とても頑丈で固い金属でもあるので、加工にも時間がかかります。それでもプレスではなく敢えて削り出し加工を選んだのは、このエッジが立ったシャープなフォルムを実現するためです。渦巻状になった目も、切削ならではの味わい。そんなこだわりからも、この軽やかな洗練された雰囲気が生まれているのです。

イメージされたのは、インテリアショップの店員が、腰からぶらさげていても様になるデザイン。デスクや棚に出して置いても絵になるプロダクトです。

rd850_1605LIFE10_titanium major3細部に渡って、プロも一生ものとして持ちたくなるメジャー

このデザインは、もともとアルミニウムで製作していたものを踏襲しています。その「アルミメタルメジャー」は、デザイン界のオスカー賞といわれる「iF デザインアワード2016」をはじめ、「2015日本文具大賞」のグランプリなども受賞。より素材にこだわったチタン版は、数が生産できないためシリアルナンバー入りの限定販売となっています。

円になった面はわずかにすり鉢状になっていて、手指にフィット。縁には3つの孔があり、ストラップを付けるなどして使い方が広がります。また、テープはJIS1級の2m仕様。端を引っかけて測る場合と突き立てて測る場合、両方に対応した「0補正移動爪」など、プロも納得の本格派です。

 

「MiLLiSECOND チタニウムメタルメジャー 」
サイズ:直径約48mm×厚さ13㎜
テープ全長:2m(JIS1級 6mm幅) 
重量:54g
材質:本体/チタニウム、テープ/スチール、バネ/ステンレス
価格:1万5000円(税抜)

 

■お問い合わせ
TAKEDA DESIGN PROJECT
電話:0256-64-7420
https://www.takeda-dp.com/229/

 

《関連記事はこちら》

特選“燕三条”:IHで少量のご飯が美味しく炊ける「IHごはん釜UCS20」

特選“燕三条”:燕製の美しいコーヒー器具「TSUBAME & Kalita」