現代の暮らしを彩る美濃焼「TOKI」シリーズ

2016.10.09

rd500_1607CULTURE26_TOKI1_ASATSUYU

洋食はもちろん、和食に合わせても違和感のない器

美濃焼の里、岐阜県土岐市の芳泉窯(ほうせんがま)が提案する「TOKI」シリーズは、素材となる土づくりからこだわって生まれた焼き物。普段使いをコンセプトに、日々の暮らしをイメージした3つのシーンから展開されています。

朝食をイメージした「ASATUYU」は、朝露が水面に落ちて広がる波紋がモチーフになっています。素朴な土の風合いを引き立てるシンプルなフォルムの中にも、さり気ない個性が宿るデザイン。トーストや目玉焼き、あるいは焼き鮭をのせても違和感のないプレート、ご飯茶碗にもなるスープボウル、コーヒーでも日本茶でも似合いそうなカップは、和洋を問わず毎日の食卓で活躍しそうです。

 

次ページ《どの色をとり合わせてコーディネートするかも、楽しみのひとつ》

関連キーワード

Area