新潟の曲げ木技術から生まれた、美しい無垢材の曲げ木製品 5 選

2016.10.14

rd850_1609CULTURE09_STORIO01rd850_1609CULTURE09_STORIO02.3

世界初の革新的な曲げ木技術による新しい木の体験

美しい木目としなやかなフォルムが印象的な「STORIO」のプロダクト。無垢の一枚板を曲げ、その形状を保つ世界初の曲げ木技術で実現したデザインです。手がけているのは、新潟のストーリオ株式会社。木の伐採を行う山師が雪深い新潟の山へ入って、1本ずつ選定した国産の木材が使われています。高い技術を形にするためには、それだけ上質な木材が不可欠なのです。

カエデの一枚板で作られた手に馴染む「名刺入れ」は、留めの紐をクルクル外すと木のバネ性でパッと開き、名刺がさっと取り出せます。インナーケースは牛本革。側面の木を台に、ちょっとしたメモ書きができるのも意外と重宝します。

STORIO名刺入れ
サイズ:
タテ型/79×105×厚み16㎜ 
ヨコ型/115×69×厚み16㎜
重量:約40g
カラー:ナチュラル、ブラック、ブルー、バーミリオン(カエデ)
価格:ナチュラル、ブラック/7800円(税抜) ブルー、バーミリオン/8100円(税抜)

 

次ページ《ひとつとして同じものがない木の表情がデザインのエッセンスに》