Tatamiglam(タタミグラム)の、畳のヘリで作ったネクタイ

2015.10.28

注目を集める日本の畳文化

現在、さまざまな日本の文化が海外に向けて輸出されています。日本家屋の特徴ともいうべき畳もその文化のひとつ。柔らかい質感とイグサの香りなども相まって、海外にも畳のファンが増えてきているようです。

Tatamiglammain

その畳を住居用だけでなく、ファッションアイテムとして売り出しているのがtatamiglam(タタミグラム)です。タタミグラムとは畳とグラム(魅力的な)を合わせた造語。母体は東京・足立区にある東和小川畳店で、その二代目が畳を使った新しいアイテムを作り、デパートやイベントなどに出店して注目を集めています。

もともとは「若者に畳に興味を持ってもらいたい」、「畳にかかわる人すべてハッピーになってほしい」という願いからはじまったタタミグラムの試み。今や若者や畳関係者の枠を超えて、さまざまなシーンへ波及しています。

畳のヘリがネクタイに!

タタミグラムが扱っているアイテムは、畳の“ヘリ”を使った蝶ネクタイやポケットチーフ。畳のヘリは、畳を縁取るように施された帯状のもの。本来は畳の摩耗防止や耐久性の向上が目的ですが、畳によってその模様も違い、デザイン性を高めることにもなっています。

tatamiglamsub

そんなヘリの多様な意匠のネクタイやポケットチーフは、オーソドックスな和柄から、水玉、格子柄、花柄などフォーマルからカジュアルまで、いろいろなシーンで活用できる多様性を持っています。

そんなヘリの多様な意匠のネクタイやポケットチーフは、オーソドックスな和柄から、水玉、格子柄、花柄などフォーマルからカジュアルまで、いろいろなシーンで活用できる多様性を持っています。

使用する畳のヘリはすべて国内の畳ヘリメーカーで作られたもので、そのデザイン性や耐久性も折り紙付き。パーティーやお祝いの席でジャケットに合わせてみたり、海外の友人へのギフトにするなど、さまざまな用途がありそうなアイテム。ひとつ、試してみてはいかが?

 

http://www.tatamiglam.com/

 

Area