ライフスタイル

積み木のようにして遊ぶこともできる家具「C.F.Sリキ キッズセット」

2016.10.29

rd850_1607CULTURE28_CFS1 rd850_1607CULTURE28_CFS2

無駄のない美しさの中に子どもへの愛情が感じられる家具

C.F.S(カートンファニチャーシリーズ)は、ジャパニーズデザインのパイオニア、渡辺力氏が1965年にデザインした紙素材の組立て家具です。もともとは、ダンボールを使った子ども用家具のプロジェクトから生まれました。分かりやすい色使い、子どもでも持ち運びができる軽さ、ぶつけても怪我にならない素材。まさに子どものためのデザインです。段ボールというリサイクル可能な素材を、完璧な組立構造によって堅牢さを実現。精密さが必要となる組立式のパーツを機械製造で、正確に作り上げます。

1967年に毎日産業デザイン賞(現・毎日デザイン賞)、2011年に子どもたちの安全安心に貢献するデザインを顕彰する制度「キッズデザイン賞」のフューチャープロダクツ部門で、キッズデザイン賞を受賞しています。

rd850_1607CULTURE28_CFS3 rd850_1607CULTURE28_CFS4
年月を経て存在感が増すアイテムを発信し続ける

METROCS(メトロクス)は、日本やヨーロッパに誕生した歴史あるデザインプロダクトを取り扱うインテリアブランドです。時代に流されたり、消費されていくデザインではなく、むしろ年月が経つほどに存在感が増す普遍的なモノに注目。渡辺力、長大作、マックス・ビル、ピエール・ポランの作品の復刻、エットーレ・ソットサス、ディーター・ラムス、ジョエ・コロンボなどの作品を扱っています。

 

次ページ《接着剤を使わず、山折り、谷折り、はめ込み作業だけで組み立て可能》

Area