ライフスタイル

特選“京都”:現代の生活に溶け込む最新鋭な和紙のプロダクト「kami-mon Still Life」

2016.11.01

Exif_JPEG_PICTURE

国際的に注目を浴びるブランド「kami-mon」の新しい和紙製品

京都の老舗和紙加工メーカー「コード」は、創業約70年。多種に渡る和紙加工品を製造し、高級書道用紙も含め日本全国に和紙製品を展開してきました。そして今回紹介するのは、新たに設立されたブランド「kami-mon(かみもん)」の「Still Life」です。

「Still Life」は第1弾のプロダクト群の1つであり、国際的に活躍する安積伸氏をクリエイティブ・ディレクターに迎え作られました。パリで開催される世界的に注目を集めるインテリアの国際見本市「Maison & Object paris」で発表され、海外からも高い支持を得ている逸品です。

rd850_1607CULTURE18_Kamimon2 rd850_1607CULTURE18_Kamimon3
静物画のモチーフをもみ紙で表現した斬新なアイデア

「Still Life」は、ボトルやフルーツなどのモチーフをもみ紙で表現。紙風船の要領で膨らませると、形が現れる仕組みになっています。また、ボトルモチーフの底にはそれぞれパッケージの箱が収納できるようになっており、隠し小箱として使用できるといった遊び心も。

「Still Lifeフルーツ」はりんご、なし、レモンの3点セット。シンプルでありながらも奥行きのある和紙が醸し出す雰囲気は、モダンなインテリアとしてどんなシーンにも溶け込みそうです。

 

次ページ《和室の床の間だけではなくリビングや玄関、ダイニングテーブルに》

Area