ライフスタイル

マッチのように擦って火をつけるお香スティック「hibi」

2016.11.30

rd850_1607CULTURE10_hibiAROMA1rd850_1607CULTURE10_hibiAROMA2

播磨のマッチと淡路のお香の出会いから生まれた革新的アロマ

マッチのように擦って火を付けると、そのまま軸の部分がお香に。「hibi 10MINUTES AROMA」は、「日常に10分、自然のアロマを」をコンセプトに開発されました。着火具いらずの手軽さと、天然素材を中心としたやさしいアロマの香りが注目を浴び、経済産業省が推進する「The Wonder 500™」でも、日本の優れた地方産品のひとつとして選ばれました。

お香に火が燃え移ったら専用のマットの上に置くだけ。コンパクトなボックスは、持ち運びも便利です。この画期的なお香は、兵庫県を代表的する2つの伝統産業から生まれました。播磨のマッチと、淡路島のお香。日本国内の生産量では、ともに全体の約7割を占めている産業です。

 

次ページ《シュッとマッチを擦る昔ながらの所作と、慣れ親しんだ香り》

KEY WORD

Area