ライフスタイル

河原シンスケのコラボレーションシリーズ

河原シンスケ×山田平安堂 コラボレーションシリーズ第一弾 干支の盃に込めた思い《後編》

2016.12.15

 

いよいよスタートした『プレミアムジャパン』のコラボレーションシリーズ。プロデュースするのは、エグゼクティブキュレーターで、アーティストの河原シンスケさんです。

第一弾は、漆器の老舗「山田平安堂」の盃に、来年の干支である「酉」を絵付けした逸品。河原シンスケさんと山田平安堂の山田健太社長に、コラボアイテムに込めたそれぞれの思いを伺いました。

 山田平安堂後編1

来年の干支「酉」が絵付けされた、新年にふさわしい盃

山田「私たちはいつも、漆の新たな可能性を探っています。今回のようなコラボレーションで、違った立場の方とものづくりを行うことは、新しいインスピレーションを得たり、可能性に気づくことができる貴重な機会。だから、とても積極的に捉えています」

河原「僕は一人でものづくりをしている、一代限りの身。だからこそ、長い歴史とそれに裏付けされたテクニックを持つ老舗メーカーにはリスペクトがあります。山田平安堂の漆器は、パリにいた頃から足つきのお皿を愛用していますが、クオリティも素晴らしいし、いいものは普遍的にいいと改めて感じた逸品。今回ご一緒して、僕が違う立場から関わることで、いいものができればと考えていました」

山田「ありがとうございます。漆器屋が漆器のことを考えていると、どうしても既存の壁を破れないことがあります。もちろん柔軟に考えようと思っていますが、古典からの引用や過去の焼き回しに頼ることが多くなったり。気をつけないと、マンネリに陥ってしまうんです」 

河原「僕からすれば古典を引用するということも、すごいこと。どうやって引用するのか、または眠っていたモチーフをそのまま使うのかなど、大変興味があります。老舗だからこそできることですね」

sakazuki 

干支「酉」のデザインに込めたこと

山田「今回、来年の干支である酉を絵付けしていただきましたが、やはり私たちが作るとこういう酉にはならないですよね。それからよく、コラボレーションをすると奇抜なデザインを提案する方がいるのですが、今回はとても自然で、盃としてもしっかり成立しています。何を入れて使うのかまで計算して絵付けされているのがわかります」

 河原「繁栄の象徴であるニワトリと卵を一緒に描いて、華やかな雰囲気に仕上げました。また、お正月だけでなく、普段から使えるものにしたいと思ってデザインしました。たとえば来客があったときに、ディナーの前のアペリティフで使ったり。僕だったら、人数分の盃を用意して、1つだけこの酉の盃を混ぜておきます。それで裏返しておいて、酉の盃が誰にくるか、ビンゴ感覚で楽しむなんてやってみたいですね」

山田「遊び心があって、とてもおもしろいですね」

河原「食事はコミュニケーションの場であり、情報交換の場所でもあるから、仕掛けがあるとより広がっていきます。これは山田平安堂の漆器でねとか、酉は繁栄の象徴なんだよって、という感じで知識を交換しあうんです。そういうツールになったらという思いもあります」

山田平安堂後編2

漆器を普段から気軽に使って楽しんでほしいという思い

山田「日本人は、漆器をハレの日の器と考える人が多いですが、漆器への意識を狭めず、日常でも漆器を楽しんでほしいですね。ほかの器と同じように、ハレの日の漆器と日常づかいの漆器があってもいい。その点、外国の方は漆器を気軽に使って楽しんでくれていますね」

河原「僕自身は、毎日のテーブルセッティングに漆器の器やお盆を使っていて、友人が来た時にも使っています。クリスタルのグラスやデンマークの器と合わせたり、様式は気にせずに使っています」

山田「漆器は、漆器と合わせるよりガラスや磁器とのほうが相性がいいんですよね。それに、漆器に傷がつきにくいというのもありますね」

 山田平安堂後編3

山田「今回は既存の盃に絵付けをしてもらいましたが、次は漆器の造形にまで踏み込んでもらったら面白いのではないかと思っています」

河原「今回、盃を製作するにあたり、実際に山田平安堂さんの漆器を見て、たくさんアイディアが浮かんできました。次も楽しみにしています」

ものづくりのプロたちの、卓越した感性や技術が交わって生み出される、新しいmade in japan。コラボレーションプロジェクトは、始まったばかりです。お楽しみに。

■お問い合わせ
漆器 山田平安堂 代官山本店
住所:東京都渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG
TEL:03-3464-5541
http://www.heiando.com

取材・文/井上真規子

写真/久保田育男

 

 

※プレミアムジャパン オンラインショップにて限定発売となる、特別なシリーズになります。

 河原シンスケ × 漆器 山田平安堂 干支盃(酉年)

 

 

 

《関連記事はこちら》

プレミアムジャパン限定発売! 河原シンスケのコラボレーションシリーズがスタート。第一弾は「漆器 山田平安堂」の盃《前編》

 

KEY WORD

Area