藍師・染師の若き集団「BUAISOU」と世界の名ブランドのコラボレーションアイテムが多数登場

2016.12.29

20161228(1)©️BUAISOU

三越伊勢丹の「JAPAN SENSES」は、日本のいいモノとコトを発信し、地域の活性化に貢献することをテーマとした活動。2011年より、さまざまな産地やブランドをクローズアップした、多種多彩な試みを行っています。

その「JAPAN SENSES」の最新のひとつが「BUAISOU」です。

「BUAISOU」は、阿波藍の産地として知られる徳島県上板町を拠点とする、藍師・染師の若き集団。自分らで藍を育て、藍の染料づくりから、染めまでの、すべてを一貫して行うのを特徴とします。

20161228_(2)©️BUAISOU

藍染の伝統と技術を正しく継承し、手作業により丁寧に染め上げられた「BUAISOU」の「ジャパンブルー」は、アメリカやヨーロッパでも高い評価を獲得。2014年にはニューヨークのブルックリンにスタジオを設立し、ワークショップや商品販売を行うなど、国際的な活躍も注目されています。

20161228_(3)
写真(上)/ ドレイクス×BUAISOU 左:ニットタイ 2万3000円  右:ネクタイ 2万3000円 (それぞれ税抜)

そして今回の「JAPAN SENSES」では、「BUAISOU」と世界の名ブランドとのコラボレーションアイテムが多数登場。なかでも「Drake’s」(ドレイクス)のネクタイと「Bevilacqua」(ベビィラクア)のシャツは、それぞれのデザイナーであるマイケル・ドレイク氏とアルベルト・パッチーニ氏が徳島を訪れ藍染を実体験するなど、深いこだわりが込められています。

20161228_(4)

写真(上)/ バトナー スウェット 2万6000円 ルトロア ボーダーニット 5万3000円 ドレイクス ストール 2万3000円 ドレイクス ネクタイ 各2万3000円 ベビィラクア バンドカラーシャツ 3万3000円 ベビィラクア シャツ 3万3000円 (それぞれ税抜)

そのほか「Finamore」(フィナモレ)のシャツ、「Letroyes」(ルトロア)のニット、「INIS MEAIN」(イニッシュマン)のニット、「BATONER」(バトナー)のスウェットと、どれもが魅力的なモノばかり。

そんな「BUAISOU」と世界の名ブランドとのスペシャルなコラボレーションアイテムは、2017年1月3日(火)~10日(火)の期間、伊勢丹新宿店メンズ館1階にて販売予定。特別な「ジャパンブルー」を、ぜひ、手に入れて下さい。

 

■お問い合わせ
伊勢丹新宿店:03-3352-1111(大代表)

 

《関連記事はこちら》

今年の冬に手に入れたい、ジャパンブランドのコート3選

藍の源流、阿波藍から生まれたレザーアイテム「AWA AI」

関連キーワード

Area