ライフスタイル

すべて一点もの。アトリエYOUの軽やかなチタンジュエリー

2017.01.19

rd850_1612LIFE01_atelierYOU01-2

まるで七宝焼き! 電圧をかけることで美しく彩られるチタン

イエローからピンク、ブルーへと幻想的なグラデーションが広がるお花のチョーカー。一見「七宝焼き?」と見紛う優美な彩りですが、実はチタンで作られているんです。手がけているのは、チタンジュエリー専門のアトリエYOU。活き活きとしたその造形には、一点一点手作りされたアクセサリーならではの味わいがあります。

七宝焼きは金属に釉薬を塗って焼き上げ、ガラス状にしたもので、重みもあり、割れないように気をつける必要があります。一方チタンは、電圧をかけることで表面がそのまま茶色から紫、青、水色、黄色、赤紫、青紫、緑へと変化していくのだそう。いつまでも色あせることなく、美しい風合いが楽しめる装飾品です。

201203261706
硬質で加工するのが難しいチタンを、繊細な透かし彫りにする技

チタンは鋼と同じくらいの強度を持つ丈夫な金属ですが、それでいて軽く、錆びたりもしにくいので、宇宙船や飛行機などの部品にも使われています。ただ、これをジュエリーにするには非常に硬く、加工するには高い技術力を要します。

アトリエYOUの加藤洋一さんは、1982年にアメリカでチタン装身具の研究を始め、今では日本のチタンジュエリーの第一人者と言われる方。現在アトリエの代表を務める加藤良紀さんもその技を受け継ぎ、新しいデザインを生み出し続けています。

薔薇をモチーフとした華やかな透かし彫りのリングも、匠の技が光る一点。硬いチタンを糸のこぎりで緻密に削っていく難しい工程を経て実現しています。

 

次ページ《アレルギーへの安心感、身につけていて疲れない軽やかさも魅力》

KEY WORD

Area