おしゃれな柄とニュアンスある色彩。「文庫革」の財布がかわいい!

2017.03.04

rd1rd1700_IMG_1934_2-copy-min

姫路革細工の伝統を今に受け継ぐ、文庫屋「大関」の革小物

春の新入学・新生活シーズンを前に、財布やカード入れ、キーケースなどの革小物を買い替えたり、プレゼントしたりする機会も多いのでは? そんな時期にぜひおすすめしたい、ハンドメイドの革小物を発見しました。

浅草寺参道、仲見世通りの一本裏に店をかまえる、文庫屋「大関」は、播州姫路で発展した姫路革細工の流れを組む革小物専門店。伝統柄からモダンな幾何学模様までバリエーション豊富な柄と、鮮やかでニュアンスのある独特の色彩が特徴で、特に財布類は使い勝手のいい形が数多く揃うことから、近年、女性たちの間で人気急上昇中のお店なのです。

姫路革細工とは、古くから皮革業が盛んだった姫路で生まれた、独特の製法による革細工。白い革に、小紋や花柄、浮世絵柄などを型押しして凹凸をつけ、手書きで彩色をした後、漆で古びをつける「錆入れ」を施すのが特徴。江戸時代、主に身の回りの小物を入れる「文庫箱」の装飾として広まったことから「文庫革」と呼ばれるようになったのだとか。

今年、創業90周年を迎える、文庫屋「大関」は、江戸に伝播した昔ながらの姫路の「文庫革」の技法を守りつづける工房なのです。

rd2rd1700_IMG_1931_2-copy写真(上)/ 特に人気なのが財布類。長財布、ファスナー付き、がま口、二つ折りなど、さまざまなタイプが。ほかにも、カードケースや眼鏡ケース、印鑑入れなどのアイテムが揃っています。

rd3rd1700_IMG_1928-copy-min写真(上)/ 店舗で印象的なのが、さまざまな柄の財布がずらりと並ぶ引き出し。ひとつひとつ手にとって、お気に入りの1つを見つけ出す楽しさも味わえます。

 

次ページ《すべて手作業! 職人技が生み出すニュアンスある美しい色彩》