身近なものにこそ極上を。「マルナオ」の携帯ウッドシリーズ

2017.03.25

rd1702LIFE08_marunao2

自社ファクトリーで生み出される、上質なウッドワーク

1939年に新潟は三条市で産声をあげた「マルナオ株式会社」。寺社の装飾彫刻を生業としていた同社は、銘木が豊富な立地という強みを生かし、現在は携帯グッズやカトラリーなどのウッドワークも手掛けています。ハイクラスな銘木を使って生み出される作品群はまさに「別格」の一言。本物志向の大人達にこそ相応しいんです。

商品製作が行われるのは、三条市内にある店舗併設のオープンファクトリー。木の個性を見極めながら、一点一点を職人が丹念に作り上げます。

代表的なアイテムとして知られるのは、素材から持ちやすさまで徹底してこだわり抜いた箸。この携帯用箸セットは、素材に貴重な縞黒檀を使い、趣のある風合いを演出しています。さらに、持ち手と先端以外は丸に近い16角形にすることで、抜群のフィット感を実現しました。

rd1702LIFE08_marunao1

◆携帯用箸セット 縞黒檀
素材:縞黒檀
ケースサイズ:W32×H155×D23mm
価格:3万2000円(税抜)

 

耐久性と高級感を兼ね備えた爪楊枝セットも注目

こちらの爪楊枝セットも人気の高いアイテムです。先ほどの携帯箸と同じく、素材には古来より日本で愛される縞黒檀を使用。

ちなみに、黒檀の中でも美しい縞模様が入るものが縞黒檀と呼ばれます。この黒檀という銘木は成長が遅く、希少性が高いことで有名。非常に優れた堅牢さを備えているのが最大の特徴です。

それゆえ、楊枝の先端をぎりぎりまで細く仕上げても、耐久性をしっかりとキープできるんです。さりげないデザインアクセントとなるシルバーの象嵌も印象的。

1702LIFE08_marunao3

◆携帯用楊枝セット 縞黒檀
素材:縞黒檀
ケースサイズ:W16.5×H95.5×D10mm
価格:1万1000円(税抜)

 

ユニークな新提案。紫檀製の温もりあるミントケース

「マルナオ」のウッドワークは実に幅広く、ミントケースの製作も行っているのだから驚きです。持ち運ぶ際にポケットから飛び出さないよう、職人の手作業で絶妙な丸みが描き出されているのがポイント。
ちょっとしたアクセサリーケースとしても使えるので、プレゼントとしても喜ばれること請け合いです。

素材に使っているのは赤みを帯びた温もりのある木肌と、高い硬度を持ち味とする紫檀。黒檀と同じく極めて頑強な銘木なので、長年に渡って愛用していけます。

rd1702LIFE08_marunao4

◆ミントケースS 紫檀
素材:紫檀
ケースサイズ:W20×H85×D12mm
価格:5000円(税抜)

 

■お問い合わせ

マルナオ株式会社
電話:0256-45-7001
http://www.marunao.com/
メール:fukuda@marunao.com

 

《関連記事はこちら》

色とりどりの漆が日常使いで楽しめる「うるしおいしおはし」

パーティシーズンに朗報。いつもの瓶ビールが格別に感じられる「ANBLICK ボトルオープナー」